ハードレンズからソフトレンズへ

Posted by | Filed under 未分類 | 12月 17, 2013 | No Comments

コンタクトレンズの歴史は古く、1800年後半から使用されています。
当初、コンタクトレンズの材料は、主にガラス素材に限られていました。

1930年頃からはガラスレンズに替わりプラスチック製のレンズが使われるようになりました。
メガネレンズも同様ですね。
メガネレンズは、コンタクトレンズより早く、ガラスレンズからプラスチックレンズが主流になっていたようです。

メガネのガラスレンズは非常に重かった記憶があり、プラステックレンズのメガネをかけた時の軽さには感激しました。

私はガラス、つまりハードコンタクトレンズは使ったことがないのですが、ガラスを直接眼球に装着するのは、想像すると怖いような気がします。

プラスチックレンズ、つまりソフトレンズは、使い慣れているせいか、そういう不安は感じていません。
使い方にもよるのかもしれませんが、私の場合、メガネとコンタクトの両方を使い分けていますので、コンタクトは、1日使い捨てタイプのレンズを使用しています。

使い方は個人によって異なりますから、使い捨てが良いのか、2週間がいいのか・・・一概に何ともいえませんが
最近は、単にコンタクトレンズだけでなく、カラーコンタクトも販売されています。

▲コンタクトレンズ通販のレンズモード▼
コンタクトレンズのウェブサイト

予防できる犬の大病

Posted by | Filed under ペット事情 | 9月 4, 2013 | No Comments

犬 フィラリア
多くの方が、家族の一員として飼っている“犬”。
ですが、人とは違って思いがけない病気になってしまう事もあります。

特に知っておいて欲しい病気が『フィラリア』というもの。
蚊を媒介して罹る、寄生虫による病気です。
詳しくはコチラ犬の病気 フィラリアについて症状などを解説|ペットジョイジャパンを参照してみてください。

危険だと言われている期間は、地域によって多少のズレが生じますが、5月下旬から12月頃になります。
蚊が活発に活動している時期はいつでも危険だということになります。

蚊が運んできたフィラリアの幼虫は、犬の血液に入り込み栄養素を吸収して成虫へと成長していきます。
結果、心臓や肺へ到達し、最悪死に至ります。

症状としては、初期段階では特別変化はありません。
少しすると咳をするようになり、体力の減少により息切れし易くなったり、あまり動かなくなります。
更に悪化すると、吐血や失神などを起こします。

もし罹ってしまっても、初期段階なら症状を食い止める事も可能です。
しかしながら、一度ダメージを受けた内臓の完璧な回復には繋がらないのが現状です。

≪最善の選択は寄生させないこと≫に尽きますよね。
月1度、投薬してあげる事で簡単に予防する事が出来る病気です。
是非、積極的に予防してあげましょう。
詳細を知りたい方は、「犬の病気フィラリアについて症状などの解説|ペットジョイジャパンのサイトをご覧ください。

女子力UP のコンタクトをGET!

Posted by | Filed under コスメ | 8月 9, 2013 | No Comments

コンタクトレンズをお使いの人でしたら、コンタクトレンズの購入はネットでという人が多いのではないでしょうか?少し前でしたら、処方箋が必要で毎回眼科で診察をうけてから購入していましたよね。ですから、金額もかなり高額でした。しかし、今では処方箋がいらないのでネットで気軽に注文できます!24時間いつでも自宅にいながら、注文できるのでとってもらくらくです。

しかし、コンタクトレンズ通販のサイトはたくさんあり、どれがいいのが分からないですよね。そんな時おすすなのが「コンタクトレンズ通販激安.com」です!

豊富な商品としっかりとした品質で、サポートも充実しているので安心して利用できます。しかも、金額も激安!詳しくはサイトをごらんくださいね。
コンタクトレンズ通販激安.com
コンタクトレンズ通販の参考サイト>こちら

検索方法もらくらくなので、お探しのコンタクトレンズがすぐみつかりますよ!また、サイトではコンタクトレンズの最新情報を更新しているので、是非見逃さないでチェックして、お得なコンタクトレンズをGETしてください。はじめてコンタクトレンズを購入する人にもとっても便利な知識やレンズデータの見方も紹介しています。

もちろん、おしゃれアイテムとしてかかせないカラコンも取り扱っているので、目的によって上手に利用してくださいね。